一般社団法人ふるさと経済フォーラム
 
文字:







※過去に行った講演会の記事を掲載しております。



ご来場いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

 
第7回講演会「楫取素彦の生涯」を開催しました。(2015.1.17)
幕末維新の志士から、群馬県初代の名県令へ
「楫取素彦の生涯」講演会

2015年大河ドラマ『花燃ゆ』、ヒロイン「文」の夫

  寒さが一段と厳しさを増し、空っ風が一層冷たく感じる今日このごろです。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 この度、2015年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』のヒロイン『文』の夫で、群馬県初の県令となり、群馬県の礎を築いた楫取素彦(かとり もとひこ)の生涯について講演会を開催いたしました。
 山口県萩市に生まれた楫取素彦は、吉田松陰とも親交が厚くお互いに尊敬しあう間柄でした。松島家の次男として生まれ、小田村家に養子に行き、伊之助と名のり、松陰の後を受けて松下村塾を任され、『松門の柱石・小田村伊之助』と讃えられました。
 最初に松陰の妹「寿」と結婚しましたが先立たれ、久坂玄瑞の妻であった松陰の妹「文」と再婚をします。松陰の二人の妹と結婚したということは、二人の信頼関係が深かったことを物語っています。
 幕末維新の志士から名県令、そして群馬の恩人となった楫取素彦の生涯を手島仁講師をお迎えして、時にユーモアを、また大河ドラマのウラ話なども交えながらご講演をいただきました。


    【講師紹介】

   
手島 仁(てしま ひとし)講師

    前橋市出身。立命館大学文学部史学科日本史学専攻卒業
    県立高校、群馬県史編纂室、県立歴史博物館を経て、
    現在は前橋市文化国際課に籍を置く。
    群馬県立女子大学・前橋工科大学非常勤講師。
    主な著書に「群馬学とは」「総選挙で見る群馬の近代史」
    「中島知久平と国政研究会」などがある。


                      記

 日時:平成27年17日() 午後1時40分受付開始 2時開会 3時40分終了
 会場:前橋市総合福祉会館(第2会議室)
    〒371-0017 前橋市日吉町二丁目17-10  電話番号 027-237-0101
    (地図はこちら  ← 新しいウインドウでGoogle Mapが開きます。)
熱っぽく語られる手島講師
熱っぽく語られる手島講師
知事メッセージを代読される県の担当者
知事メッセージを代読される県の担当者
講演中の様子
講演中の様子
 【後援】
群馬県、前橋市、群馬テレビ、上毛新聞

 
             ※この講演会のチラシは ⇒ (こちら[PDFファイル]468KB])
 

Copyright (C) 2014-2017 一般社団法人ふるさと経済フォーラム  All rights reserved.

 
PAGE TOP