一般社団法人ふるさと経済フォーラム
 
文字:







※過去に行った講演会の記事を掲載しております。



ご来場いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

 
第15回講演会を2016年5月14日(土)に開催しました。
 第15回講演会

古墳時代の群馬では1万基以上の古墳が作られた
「古墳時代の三大出来事」
~馬・仏教・渡来人がやってきた~(ぐんま版)


 群馬には、一万以上の古墳があったと言われています。関東地方では最もたくさんの古墳が作られた地域です。大きな前方後円墳や、豪華(ごうか)な副葬品(ふくそうひん)が見つかった古墳も少なくありません。大きな古墳は、力のある豪族のお墓と考えられますから、群馬には、そうした豪族がたくさんいたのでしょう。豪族が住んだ場所だろうと考えられている遺跡も見つかっています。第15回講演会では高崎市観音塚考古資料館前大塚義樹館長を講師にお迎えし、群馬の「古墳時代の三大出来事」として講演して頂きました。
 後援:前橋市、上毛新聞社



 日時:平成28年14日() 午後1時40分受付 14時~15時30分
 会場:前橋市総合福祉会館(第2会議室) 
    〒371-0017 前橋市日吉町二丁目17-10  電話番号 027-237-0101 
    (地図はこちら  ← 新しいウインドウでGoogle Mapが開きます。)
     最寄駅:JR前橋駅、上毛電気鉄道中央前橋駅  最寄バス停:総合福祉会館前
 主催:一般社団法人ふるさと経済フォーラム
     住所:前橋市総社町総社1520-1 TEL:027-212-8313
     ホームページ:http://furusato-ec-forum.org/
     理事長:菅野英機  担当:江田保則

   この講演会のチラシは ⇒ PDFファイル(356KB)
 

Copyright (C) 2014-2017 一般社団法人ふるさと経済フォーラム  All rights reserved.

 
PAGE TOP