一般社団法人ふるさと経済フォーラム
 
文字:







Welcome to Our Site!

群馬県庁展望室(32F)からの赤城山

「一般社団法人ふるさと経済フォーラム」のホームページへようこそ!

 
 

 


 2011年の東日本大震災以降、自然災害の恐ろしさを改めて身に染みて実感させられているここ数年です。2014年2
月14日からの大雪では観測史上最高の積雪を記録し、甚大なる被害を受けた方も大勢おられたことと思います。また、同年9月27日の御嶽山の噴火、翌2015年9月11日、台風から変わった低気圧の大雨による鬼怒川の氾濫、2016年熊本地震や相次ぐ台風の襲来などの自然災害に遭遇され、尊い命を失われた皆様のご冥福をお祈りするとともに、被害を受けられた皆様及びご家族、ご親族の皆様を心からお見舞い申し上げます。

 明けて本2018年は皆様にとって幸多き1年となりますようお祈り申し上げます。絵文字:笑顔

     2013年11月に発足しました 「一般社団法人ふるさと経済フォーラム」では、群馬県の偉人について学ぶことにより、郷土への愛着と誇りをもっていただきたいと思い、講演会などの開催を企画しております。絵文字:良くできました OK

 当フォーラムについては ⇒ こちらをクリック!
 

新着情報

・トップページを更新、第27回講演会「上野三碑を読み解く」のお知らせを掲載しました。(2018.5.12)
・第26回講演会「上杉憲政の生涯」のページを掲載しました。(2018.4.20)
・第25回講演会「上毛かるたで見直す群馬の姿」のページを掲載しました。(2018.1.30)

 

第26回講演会「上杉憲政の生涯」を開催しました!(2018.4.14)

ご来場まことにありがとうございました。
 
第27回講演会を2018年6月9日(土)に開催します!

第27回講演会

「上野三碑を読み解く」講演会
山上碑、多胡碑、金井沢碑はなぜ「世界の記憶」に登録されたか
日本最古の石碑群、わずか1.5キロメートル以内に、時代わずか半世紀に集中


 講演会も回を重ねて第27回の開催となりました。皆様に厚く御礼を申し上げます。さて、この度取り上げる「上野三碑」は昨年ユネスコの「世界の記憶」に登録されたばかりで皆様の記憶にも新しいことと思います。
 この度は熊倉浩康講師をお迎えして、下記のごとく上野三碑の碑文を読み解いていただきながら、世界記憶遺産に登録された理由、またその歴史的な価値などについて語っていただきます。大勢の皆様の参加をお待ちしております。 



熊倉浩靖講師

熊倉浩靖(くまくらひろやす)講師

1953年群馬県高崎市生まれ。京都大学理学部中退。シンクタンク勤務を経て現職。高崎商科大学特任教授。群馬テレビアドバイザー。特定非営利活動法人 NPOぐんま理事。EA21地域事務局群馬責任者。著書に「井上房一郎人と功績」「上野三碑を読む」など多数。





日時:平成30年日() 午後1時30分受付、午後2時開演
 会場:ヤマダ電機LABI1高崎(高崎駅東口)4階イベント会場(〒370-0841 高崎市栄町1-1)
 参加費:500円(資料代含む)
 最寄駅:JR高崎駅、上信電気鉄道高崎駅
 主催:一般社団法人ふるさと経済フォーラム
 住所:前橋市総社町総社1520-1 TEL:027-212-8313
 ホームページ:http://furusato-ec-forum.org/
 理事長:菅野英機  担当:江田保則


  この講演会のチラシは ⇒ 
こちら
 

Copyright (C) 2014-2018 一般社団法人ふるさと経済フォーラム  All rights reserved.

 
PAGE TOP